お金の使い方が気になるあなたに

お金を稼ぐ手段は多いほうがいいです

 

お金の使い方が気になるあなたに

資本主義である以上、お金を稼ぐことは悪いことではありません。そもそも、お金は交換するものです。人によりますが、お金を稼ぐことを悪いことのように言う人がいまだにいます。問題になるのは、稼ぎ方についてです。もちろん、法に触れるようなことをしてはいけません。

 

会社員などで働いて稼ぐというのは、一般的ですがお金を稼ぐには限界があります。終身雇用がなくなっているのが現在です。一つの会社にこだわらずに、出来ることを増やすことが大切です。会社によって異なりますが、副業を認めているところもあります。いうまでもなく、副業を始めたからといっていきなり稼げることはありません。どんな副業をするかによっても変わりますが、生活できるほど稼げると考えないほうがいいです。

 

インターネットを使っての副業もありますが、よほど効率的に作業しない限りは多く稼ぐことは難しいものです。子供のお小遣い程度ならば、稼ぐことは難しいことはありません。普通に働いて、何も不自由せずに生きているならば稼ぐ手段を増やす必要はありません。ただ、増税などいろいろなことでお金は必要になってきます。その時になって困らないためにも、お金を稼ぐ方法が一つしかないと思い込むのをやめて広い視野で見ていくことが必要です。

お金に関する言葉の意味

 

お金の使い方が気になるあなたに

よく「お金はさみしがり屋だからたくさんあるところに集まってくる」なんて言葉を耳にします。本当なんでしょうか。そもそもこの言葉の解釈もいろいろあるようですが、個人的には「お金持ちのところにお金は集まってくる」というふうに解釈しています。だから一般人や裕福でない人(いわゆる貧乏)な人のところには集まってこないんです。

 

他にも「金は天下のまわりもの」なんて言葉もありますよね。どんどん使ってお金をの流れを良くして回転させて・・・と聞きますが、果たして本当に「金は天下のまわりもの」なんでしょうか。これもお金持ちはたくさんの資産で投資してそれに見合ったお金がまた入ってくるのでこの言葉はぴったり来ると思いますが、先ほどと同じく一般人や裕福でない人がいくらお金の回転をよくさせようと消費したところで、出て行くばっかりではいってこないですよね。結果さらに貧乏になるだけなんです。

 

他にもあるお金にまつわる格言?のような言葉たち。ひとつひとつ考えていくと、当てはまるのはやっぱりお金持ちだけなんです。彼ら以外がこの言葉の意味をはき違えて実行してしまうと、最悪身を滅ぼすような大変な出来事が待っているんじゃないかなと感じました。